胃痛や胃もたれに役立つ「リンドウ茶(竜胆)」


リンドウ(竜胆)とは?

リンドウ(竜胆)
リンドウ(竜胆)とはリンドウ科リンドウ属の多年草で、一般的にハーブティーや漢方などの薬用として利用されることが多いです。




また、近年では「胃痛や胃もたれ」を改善するハーブティーとして注目されて始めています。




ちなみに、植物は高さが30〜60pに生長し、リンドウの淡黄色の長く伸びる根茎は、多数のひげ状になり、花は大きさ長さ共に4.5〜6pの華麗な青紫の花をまばらに咲かせています。




リンドウハーブティー(竜胆茶)の効能




「胃痛、胃もたれ、消化不良の解消効果
リンドウの効能
リンドウハーブティー(リンドウ(竜胆)茶)には食べ物の消化促進作用健胃作用があり、暴飲暴食による「胃もたれ、胃痛」などの症状を解消します。




さらに、食欲不振など、消化器系にサポートにも有効です。




このリンドウハーブティー(リンドウ茶)の健胃作用は日本でも有名で、ハーブティーだけでなく、漢方などの薬理的にも利用されているほど薬効(効能)が高いと言われています。





他にも、リンドウハーブの薬効(効能)は食べ物の消化をサポートする(消化促進作用)があり、食欲不振や暴飲暴食による胃もたれ、胃痛などの症状を改善する効果があるとされています。






「消化器系トラブル解消効果」
リンドウの効能
リンドウ(竜胆)の有効成分である「ゲンチオピクロシドやゲンチジン」という苦味成分には、健胃作用や胆汁分泌作用があるとされています。




また、この成分によって胃痛、胃もたれや食欲不振だけでなく、胃酸過多症、腹痛など消化器系の不調にも効用があると言われています。






「喉の炎症緩和」
yakuzaishi_soudan.png
「ゲンチオピクロシドやゲンチジン」には喉の炎症による、イガイガやはれて痛いとき、根をくだいてハーブティー(リンドウ茶)として飲むと痛みがとれるとも言われています。





原産国である日本では「リンドウ(竜胆)」と呼ばれ、その根はかむと強い苦味があると言われており、健康茶(ハーブティーや漢方)などでも貴重な材料として認知されています。






<作用まとめ>

健胃、胆汁分泌促進、消化促進、胃酸過多解消、胃痛緩和など。


<風味>

さわやかな香りと、ほどよい苦味



関連情報:人気のリンドウティー



リンドウティー





女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。

大阪府_30代:女性_会社員
・「喉がイガイガすることが多くて、いつも痛みがあります。」

東京都_30代:女性_妊婦
・「毎日のように胃痛がして、辛くなることが多い」

神奈川県_30代:女性_会社員
・「ストレスが溜まってるし、そのせいか?胃が痛くなる・・・」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「なかなか続かないダイエットには!?フェンネルティーの効果(効能)」




・「生理中の気分のムラや肌荒れには!?ジャスミンティーの効果(効能)」




・「年齢とともに増えるシワやほうれい線には!?ローズマリーティーの効果(効能)」



| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする