ハーブティーセラピーの効果・効能



ハーブティーのセラピー効果



セラピーとは

ハーブの芳香成分には香りで癒されるセラピー効果があり、医学的にもこのセラピー効果は実証され、近年ではアロマセラピーなどに利用されています。

たとえば、ジャスミンティーに含まれている芳香成分には憂鬱やイライラなどを解消してくれる「セラピー効果」があることが専門の研究で報告されています。


また、レモングラスに含まれる芳香成分は夏場などに大量発生する「蚊」が嫌いな香りらしく、レモングラスの抽出液を化粧水(ボディミスト)として体に振りかければ、防虫効果があります。


ハーブティーの飲用でもセラピー効果あり!?


pose_peace_sign_woman.png

このようにハーブティーは、「香りによるセラピー効果」と「飲むことによる薬理効果」があります。


立ち上る香りを嗅ぐことで、鼻から少しの揮発性分が吸収され、匂いの化学分子が鼻を通って脳に到達し、穏やかなテラピー効果があります。



ストレスを解消するハーブセラピー



セラピーとは

現代社会において、私たちは様々な原因からくるストレスと隣り合わせに生きています。


そしてストレスの要因は数えたらキリがないほど無数にあり、またどういったことでストレスが溜まるかは人によって違いますし、耐性も人によって感じやすい人や、感じずらい人がいます。


tsukareta_business_man.png


しかしこういったストレスは誰しも抱えているもので、私たちの穏やかな日常を妨げしまいます。


ハーブの芳香成分にはストレスを解消する効果(セラピー効果)があり、普段の日常で溜めこんでしまっているストレスを浄化してくれます。



ハーブでセラピー化粧水



セラピーとはg

ハーブから抽出される液体で化粧水を生成することで、香りも楽しめるセラピー化粧水としても楽しむことができ、また美容効果も期待できます。


例えば、ローズの化粧水は肌の再生を促し、肌に弾力を与えてくれます。


レモングラスは肌を引き締めてなめらかにする作用があり、ハーブで作る化粧水には様々な作用があります。


さらに専門店で売られている化粧品と違い化学物質が含まれてませんので、肌荒れを起こしにくいです。


効能・効果を得る為の薬効成分がハーブティーに溶け出す水溶性成分には、タンニン、フラボノイド、ビタミン、ミネラルなどの栄養があり、消化管から体内に吸収されます。




セラピー化粧水には美容効果も


セラピーとは

ハーブティーには様々な美容成分が含まれており、有名なハーブだとローズヒップです。

ローズヒップには
・「ビタミンCがレモンの20倍」
・「カルシウムが10倍」
・「βカロチンがトマトの約20倍」
・「リコピンがトマトより多い」
・「鉄分がほうれん草の約2倍」

など美容をサポートする成分が豊富に含まれています。

他にもペパーミントには殺菌作用があり、肌を清潔にし、また、ペパーミントに含まれる芳香成分には覚醒作用があり、脳の気分転換に最適なセラピー効果があります。

このように他にもハーブティーには美容だけでなく、心もサポートするセラピー効果があります。

心や体の健康効果のためにハーブティーを飲むには、使用するハーブについて知っておく必要があり、自分の心やからだの悩みに合ったハーブを見つけることが推奨されています。


愛飲者の体験談(口コミ)


yakuzaishi_soudan.pngミルクシスル1.jpgDSC_0044.JPGハーブティー11.jpg
「美容と健康」に役立つハーブティーですが、愛飲者の体験談や口コミにも注目してみましょう。
・スポンサードリンク




| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする