胃痛や便秘に役立つ「フラックスシード茶」


フラックスシードとは?

胃痛や便秘に役立つ「フラックスシード茶」
フラックスシードとはアマ科に属するハーブで和名では「亜麻仁」と呼ばれており、ハーブティーとして利用される際には、主に種子の部分が使用されtます。




また、フラックスシードにはα―リノレン酸が豊富に含まれており、この成分は生活習慣病予防の働きあることで注目されいます。




フラックスシードの効能




「動脈硬化予防」
ハーブティー動脈硬化
フラックスシードのハーブティーにはビタミン、ミネラルが含まれているだけでなく、α―リノレン酸やリノール酸という、人が生きていくために必要不可欠の必須アミノ酸が含まれています。




これが、「血中のコレステロール値や中性脂肪値の低下、高血圧対策、動脈硬化や血栓の予防」などの効果が期待できます。





「便秘解消」
胃痛や便秘に役立つ「フラックスシード茶」
食物繊維が豊富に含まれており、便秘改善やデトックスに役立ってくれることから便秘でお悩みの方にはおオススメのハーブティーと言われています。




また、便が蓄積する「宿便」にも効果的と言われ、腸内環境の悪化にお悩みの女性を中心に人気を集めています。




ちなみに、フラックスシードは4000年以上前の古代ギリシャの時代にはすでに、薬草(メディカルハーブ)や民間療法としてヒポクラテスが便秘解消などの体調管理に使用していました。






「胃痛緩和」
胃痛や便秘に役立つ「フラックスシード茶」
フラックスシードハーブティーに含まれている粘膜室には胃や腸などの粘膜の再生を促し、保護する作用があるので荒れた胃による「胃痛、胃もたれ」の症状の緩和にも有効です。




胃痛以外にも、腸などが原因である病を予防する働きがあります。




ちなみに、フラックスシードを圧搾して作られる亜麻仁油には、普段から健康を心がけている人からも人気が高い「ヘルシーオイル」です。






「アレルギー症状緩和」
biganki.png
「α―リノレン酸(ALA)」にはアレルギーを抑制する効果が期待でき、各種のアレルギー症状の原因の中に、リノール酸の過剰摂取があります。




しかし、フラックスシード有効成分である「αリノレン酸」にはリノール酸に対して競合的に働く性質があるため、リノール酸が原因で引き起こすアレルギー症状を緩和してくれます。





<作用まとめ>

便秘解消 / 粘膜保護 / 生活習慣病予防 / 腸炎予防 / アレルギー症状緩和


<風味>

ほんのり乾いた藁の香りと、ほんのりとした渋み




関連情報:人気のフラックスシードティー



【大特価:100g単位量り売り】フラックスシード(亜麻あま) バルクハーブ・シード Flax


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


東京都_50代:女性_主婦
・「疲れが、溜まりやすく、キリキリとした胃痛が気になる」

神奈川県_40代:女性_主婦
・「ちょっと便秘気味かな」

東京都_20代:女性_会社員
・「偏食気味なので、栄養が偏ってる」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「ブツブツ肌やアトピー肌でお悩みには!?ヨモギティーの効果(効能)」




・「最近、便秘で体調を崩しがちになった方には!?ナタマメティーの効果(効能)」




・「毎日の過労と疲れ目な方には!?メグスリノキティーの効果(効能)」


| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする