スゴイ!!生理痛や更年期に「サフラワー茶」


サフラワーとは?

サフラワー.jpg
サフラワーはキク科のハーブで和名では「ベニバナ」と呼ばれています。




サフラワーの花弁が赤や黄色の染料として、古くから使われていたそうで、エジプトのミイラに着せていた衣は、サフラワーの花弁で染められたものであると言い伝えられています。




サフラワーの効能




「冷え症改善」
medical_monshin_kangoshi.png
中国では古くから「血の流れを円滑にする」薬草(メディカルハーブ)として利用されています。




これによって、体に巡っている血流を刺激して血行をよくすることで体を温める作用があるので、冷え症改善などに効果的です。





「生理不順、生理痛解消」
counselor.png
サフラワーのハーブティーには、ホルモンバランスを整える作用があるので、女性特有の症状である生理痛や生理不順などの症状に効果的です。




ちなみに、古くからミイラの衣の染料だけでなく、女性の化粧に使われている口紅にもこのサフラワーによって染料されているなど、薬効だけでなく多種多様に利用されていました。






「更年期障害改善」
genki_obaasan.png
中高年の女性に多い、更年期障害といいた婦人科系の症状も緩和してくれます。




また、花弁や種子には薬効成分があり、サフラワーの種子から抽出できる油には、リノール酸が豊富に含まれ、この成分には「血中コレステロール値」を低下させる効果があります。




しかし、リノール酸は過剰摂取による副作用の可能性があり、近年ではオレイン酸を主成分とするサフラワーの変種を品質改良し、オレイン酸を豊富に含むハイオレイックタイプが利用されています。






「抗酸化作用」
サフラワー
サフラワーにはフラボノイドが含まれており、この成分は抗酸化作用が高く、体の細胞を参加させてしまう活性酸素を除去してくれます。




体を酸化させてしまう活性酸素は様々な病気の原因になってしまうので、サフラワーに含まれている「フラボノイド」はこの活性酸素に対抗することができ、さらに体の免疫力を向上させてくれます。






<作用まとめ>

抗酸化作用 / 血液循環促進作用 / 生理痛緩和 / 血行促進作用


<風味>

優しいフローラル系の香りが口の中いっぱいに広がる、あっさりとした風味です。




関連情報:人気のサフラワーティー(ベニバナ茶)



サフラワー(ベニバナ) 50g単位 ハーブ量り売り【100gまでネコポス対応可能】



女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


東京都_20代:女性_主婦
・「いつまでも、若々しくいたい」

神奈川県_40代:女性_会社員
・「更年期障害に悩んでいる」

埼玉県_10代:女性_学生
・「体が疲れやすい」




関連情報:人気のサフラワーブレンドティー



ハーブティー ウーマンバランスブレンド 100g


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


東京都_40代:女性_主婦
・「生理症状がつらくて困っている」

群馬県_10代:女性_学生
・「肌が荒れやすく、ニキビができやすいし、肌がボロボロに」

大阪府_30代:女性_会社員
・「体が浮腫みやすく、冷え性です。」



smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「ストレスに悩まされる毎日には!?セントジョンズワートティーの効果(効能)」




・「手や顔がむくみやすく、ニキビができやすい方には!?ハトムギティーの効果(効能)」




・「生理症状に毎月、ひどく悩まされる方には!?ラズベリーリーフティーの効果(効能)」




| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする