生理や花粉症に役立つ「ホップ茶」


ホップとは?

ホップ
ホップとはアサ科に属するハーブで、アジア西部やコーカサス地方原産といわれますが、実はヨーロッパで多く自生し、和名では「セイヨウカラハナソウ」と呼ばれています。




また、ホップの植物は成長すると6m〜8mほどの長さになり、利用する部分は雌と雄、それぞれの株がありますが、雄株の方は受精すると香りが弱まるため、雌株だけを栽培して使います。




開花は夏で、ハーブとしては、開花後すぐに収穫して乾燥させます。




ホップの効能




「ストレス解消」
鎮静作用
リラックス効果があり、不眠症改善にも効果が期待できます。




ちなみに、ホップはビールの原料や香料として広く知られているハーブですが、様々な健康効果もあり、古くからで治療に用いられてきました。




また、古くからヨーロッパではホップのハーブティーには緊張やイライラ、などの興奮した精神を落ち着かせる作用があるといわれています。




ちなみに、ポップのハーブはビールの香りに使われており、ハーブ自体にも苦味と香りのもととなる成分が含まれています。






「心配または緊張緩和効果」
心配または緊張緩和効果
筋肉を弛緩させてリラックス効果を得るものとは異なり、穏やかに神経に鎮静するため、ハーブティーを上手に活用することで緊張や不安感をやわらげる働きがあります。




このことから、日本でもホップのハーブはビールの原料として広く栽培されており、寒冷な場所を好む植物なため、日本では北海道や東北地方で栽培されています。






「生活習慣病の予防」
生活習慣病の予防
ホップの成分には、コレステロール値や中性脂肪値、血糖値の上昇を抑えることで、生活習慣病を予防する働きが研究によって報告されています。





また、北アメリカ先住民族では伝統的に薬草として、インドの伝承医学や中国医学では不眠の薬草(メディカルハーブ)として利用されてきました。







「糖尿病予防または治療サポート」
糖尿病予防または治療サポート
ホップのハーブの主成分であるイソフムロン類には、血管の弛緩作用と血糖値の上昇を抑制する作用があるため、高血圧症状および糖尿病を改善する効果が期待できます。





また、動脈硬化を防止することで、コレステロールや中性脂肪の蓄積を抑制します。




これが、血液中の善玉(HDL)コレステロールを増加させる作用につながり、現代の社会問題となっている動脈硬化の初期症状を抑える効果があります。






「生理症状の緩和」
生理症状緩和効果
ホップハーブティーには優れたホルモン調整作用があります。



このことから、女性特有の症状である生理痛や生理不順、また生理前のイライラなどのホルモンバランスが崩れることから起こる不安定な精神のも安定させてくれます。




また、中高年に多い更年期障害の諸症状を緩和してくれます。






「利尿作用(デトックス効果)」
利尿作用(デトックス効果)
利尿を促す効果もあり、体の毒素の排出を促してくれます。




利尿作用によって肝臓への負担を減らし、肝臓が血液を浄化してくれるので、ニキビや肌荒れなどのトラブルを解消して、キレイな肌つくってくれます。






「ダイエットのサポートに」
ダイエットのサポートに
ホップのハーブティーには「イソフムロン類」という成分が含まれており、肝臓のコレステロールや中性脂肪が溜まるのを防ぐ、血液中の善玉コレステロールを増加させ、現代における肥満を防ぐ働きがあります。




また、化粧水としても利用することができ、ポップ抽出物が配合された化粧品は、肌の弾力を守り、もちもちさせてくれるので、加齢によるしわを防いでくれます。






「花粉症緩和」
花粉症緩和
ホップ成分には、スギの花粉に対するアレルギー症状を抑制する作用があます。




このことから、「鼻水や鼻づまり、目の痒み」などによる辛い花粉症の症状を緩和する効果があり、スギアレルギーの人は日ごろからホップティーを飲むことがオススメされています。





<作用まとめ>

鎮静作用 / ホルモン調整 / 催眠 / 抗菌 / 利尿


<風味>

ビールのような香りと、ほんのりとした苦味




関連情報:人気のホップティー




ホップ 50g単位 ハーブ量り売り【50gまでネコポス対応可能】


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


神奈川県_40代:女性_主婦
・「花粉症がひどくて毎日が辛いです・・・・」

埼玉県_40代:女性_会社員
・「生理が重い」

東京都_10代:女性_学生
・「ニキビができやすい体質になってきた」





関連情報:人気のホップブレンドティー



スリープハーブ茶


関連情報:人気の



女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


埼玉県_10代:女性_学生
・「寝つきが悪く、不眠症気味で毎日のように体調が悪い!!」

東京都_40代:女性_主婦
・「生理がつらく、肌荒れしやすくなるし、気分にムラがある。」

東京都_20代:女性_主婦
・「特に、顔が浮腫みやすい」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「ニキビ、が最近になって急激に増えてきた方には!!ローズレッドティーの効果(効能)」




・「便秘がひどくて1週間くらいお通じが来ない方には!?ドクダミティーの効果(効能)」




・「鼻のムズムズなどの花粉症に悩んされる方には!?エルダーフラワーティーの効果(効能)」



| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする