スゴイ!!下痢や風邪に「マレイン茶」


マレインとは?

下痢や風邪に役立つ「マレイン茶」
マレインはバマノハグサ科に属しているハーブで日本では「ビロウドモウズイカ」と呼ばれ、アジアやヨーロッパを原産とするハーブです。




また、近年では風邪の症状である「喉のイガイガ」などの呼吸器系トラブルに役立つとして人気を集めています。




マレインの効能



「呼吸器系の症状緩和」
下痢や風邪に役立つ「マレイン茶」

マレインはギリシャ・ローマの時代から呼吸器系の症状の緩和に利用され、マレインハーブティーには喉の呼吸器系の粘膜を丈夫にし、保護する働きや痰の排出を促す働きがあります。




これが「風邪」や「ぜん息」、「気管支炎」などの症状を予防または解消できます。




それだけでなく、呼吸器系の諸症状にも効果的とされ、ハーブティーにして喉のイガイガ、不快感、咳などの風邪の初期症状を緩和します。





「抗炎症作用」
ハーブティー肌荒れ
マレインハーブティーには「鎮静作用」や「抗炎症作用」があり、古くからハーブティーにして利用することで喉の炎症の緩和に役立たれました。




また、抗炎症作用は喉の不調だけでなく、関節炎や気管支炎、皮膚炎など症状にも幅広く利用されています。






「インフルエンザに有効」
ハーブティー抗菌作用
近年では、マレインの抗菌作用にはインフルエンザなどの症状に効果的だということ研究によって分かってきました。




ちなみに、マレインには19世紀半ばに「男性や女性の生殖器」や、「泌尿器」、「耳鼻」からくる症状の緩和解消にも利用されていたほど古い歴史があるハーブなのです。






「下痢、腹痛緩和」
ハーブティー便秘
古くからアメリカの先住民に、気を失った人に利用され、主に意識を回復させるためにハーブを燃やして使用していたなど、意識を高める覚醒作用があります。




またマレインには「ニワタバコ」という別名もあるほど、かつてはマレインの葉でタバコを作ることによって、上記のような症状を改善していたそうです。




<作用まとめ>

鎮痛作用 / 鎮痙 / 消化促進 / 殺菌作用 / 去痰 / 抗菌作用 / 抗炎症


<風味>

ほのかに甘みを感じられる香りで、全体的に後味もさっぱり風味。




関連情報:人気のマレインティー




ハーブ マレイン リーフ 20g OTCO認証 化学薬品/化学肥料不使用


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


30代:女性_主婦
・「お腹の調子が悪く、便秘がちになってきている」

10代:女性_学生
・「肌荒れに悩まされる」

30代:女性_会社員
・「喉の炎症が治る気配がないので、困っている」



smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「お酒を飲む機会が多く肝臓を労わりたい!!アーティチョークティーの効果(効能)」




・「デスクワークや仕事で疲れ目になることが多い!!アイブライトティーの効果(効能)」




・「気になる口臭や辛い風邪対策には!?セージティーの効果(効能)」


| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする