糖尿病や肝臓に役立つ「カキドオシ茶」


カキドオシとは?

カキドオシ.jpg
カキドオシとは、シソ科カキドオ属のつる植物で、国土の道端などに自生しています。




原産国は日本各地だけでなく、台湾、中国、朝鮮半島などに分布するシソ科のつる性多年草で野山にも自生しています。




カキドオシの効能




「血糖値の低下サポート」
medical_eiyoushi.png
カキドオシの有効成分「カキドオシエキス」の特異的に血糖値を下げるのに有効なので日頃から血糖値が気になる方はハーブティーを飲用すると良いでしょう。




このことから、日ごろから血糖値を気にしている女性や男性にも口コミを中心に注目を集めており、多くの方に愛飲されています。




また、「カントリソウ」とも呼ばれ、これは古くから子供の癇(かん)を取ると言われているところから名づけられているそうです。






「糖尿病治療または予防」
ハーブティー 糖尿病
非常に進歩している現代の医学でも、糖尿病の治療薬には副作用があるものが多く、用法や用量を間違えないようにしなければなりません。




しかし、カキドオシのハーブティーには、副作用や他の病気を気にすることなく利用することができ、糖尿病の治療をリスクなしで行うことができます。



このことから、ハーブティーは実際に糖尿病に治療サポートとして推奨しているクリニックもあるほど、薬効が信頼されている健康茶でもあります。






「カンの除去」
yakuzaishi_soudan.png
カキドオシのハーブティーは子供のカンを取る薬として虚弱体質の子供の強壮薬として利用されてきました。



また、全草を乾燥させたものを「連銭草」と呼んでおり、生薬にされ、ヨーロッパでは、強壮効果のある民間薬やハーブティーとして用いられてきた歴史あるハーブで





「肝臓機能向上」
medical_hanashiai.png
カキドオシのハーブに含まれているウルソール酸、硝酸カリ、タンニン苦味質精油分にリモーネンという成分が含まれています。




そして、これが浮腫み(むくみ)などを取る利尿剤や、肝臓の解毒剤として使用されており、腎臓の病にも有効的な効果を発揮します。





<作用まとめ>

糖尿病予防 / 腎臓病 / 解毒作用 / 膀胱結石 / 湿疹 / カン除去 /


<風味>

少しだけ薬のような香りがし、「渋み」のある後味。




関連情報:人気のカキドオシティー



カキドオシティー(カキドオシ茶)



女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


神奈川県_20代:女性_主婦
・「毎日のアルコールがやめられなくて肝臓がボロボロ」

東京都_10代:女性_学生
・「肌が荒れやすくなったし、乾燥肌にも!!!」

東京都_30代:女性_会社員
・「呑み会が多いので、肝臓を労わりたいし、最近体調が悪くなってきた。」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「野菜不足や便秘がちな毎日にお悩みの方には!?マテティーの効果(効能)」




・「ストレスに悩まされている毎日には!?ラベンダーティーの効果(効能)」




・「ダイエットも失敗するしお肌もボロボロ!!レモングラスティーの効果(効能)」




| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする