ストレスや胃痛に役立つ「ディル茶」


ディルとは?

ディル
ディルとはセリ科イノンドに属するハーブで原産国は地中海沿岸部とロシア南部とされています。





ディルはローマ時代にも栽培されていましたが、一般に普及したのは14世紀からで、日本では江戸時代に導入され、時蘿(じら)という名前で生薬として利用されてきたそうです。





これはディルという名前の由来が、古代ノルフェー語のジーラ「なだめる」に由来しているからだと言われており、他にも名前の由来は、古ノルド語で駆風剤を意味しているそうでです。




ディルの効能



「胃腸を整える」
ハーブティー 胃腸
ディルのハーブティーの効能は、胃腸の調子を整える作用があるため、胃もたれや胃痛、腹痛に効果的です。




このことから、食後なので、お腹が張っているときにティーとして飲むと、腸内のガスを排出を促進するさようがあり、古代のエジプトで栽培された最も古い香草、薬草のひとつでもあります。





他にも、ディルは香辛料としても知られており、薬草(メディカルハーブ)としての効能は古く、頭痛や血管障害の治療などに利用されてきました。





「消化を助けてダイエットをサポート」
ハーブティーダイエット
ディルのハーブティーは食後に飲むことによって食べ物の消化を助ける働きもあるため、体内で脂肪になるのを防いでくれます。




また、ハーブティー常用することで消化しやすい体質に変えてくれるため、ダイエットに最適です。






「ママに優しいハーブティー」
akachan_ninshin.png
授乳中にこのディルのハーブティー飲むと、母乳が出やすくなるともいわれています。



このことから、古くから授乳期間中のサポートハーブティーとして口コミを中心に人気を集めているハーブティーの一つでもあります。






「鎮静作用(リラックス)」
ハーブティー 鎮静
精神面では鎮静作用があり、心を落ち着かせてくれる作用がある為、イライラや興奮など、神経が高ぶっているときに効果が期待できます。





非常に高い鎮静効果は、ディルの種や実はピクルス、茎はスープなど、葉はサラダにとディルはすべてが食べられる食用ハーブでもあります。





また、ディルの種はピクルスを作る時に使用されるなど、古くからヨーロッパでもメジャーなハーブのひとつです。





<作用まとめ>

鎮静作用 / 消化促進 / 母乳促進 / 健胃作用


<風味>

爽やかな樹木のような香りで、少し苦みのある風味。




関連情報:人気のディルティー




ディルハーブティー



女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


東京都_10代:女性_学生
・「ストレスで寝つきが悪くて体調を崩しやすくなった!!」

40代:女性_会社員
・「疲労が取れず、毎日怠い」

10代:女性_学生
・「お通じがあまりこなくて、体が重いような気がする・・・」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「ダイエットや不眠症には悩みたくない!!ルイボスティーの効果(効能)」




・「飲んでいるとプルプルお肌に!?オリーブティーの効果(効能)」




・「忙しい毎日で野菜不足になっている方には!?ネトルティーの効果(効能)」



| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする