ハーブティーの効果・効能とは?

ハーブティー効果・効能専門


ハーブティーの歴史


古くに「薬用、病気の治療、傷の消毒」などの先住民族の民間療法に使われたハーブですが、近年では美容と健康に役立つことが医学発展とともに認知されました。



現在では、通販ショップ専門店でティーパックが販売され、手軽に購入できる商品になました。


特に「ラズベリーリーフ、カモミール、レモングラス、ラベンダー、ペパーミント」は女性に人気です。






ハーブティーの口コミ


ouen_woman.png


ハーブティーの効用は「下痢、咳、便秘、睡眠障害、更年期(イライラ、自律神経)、肌荒れ(ニキビ、吹き出物)」などの疾患を専門的サポートします。



また「レビュー、ブログ、体験談」を調べると、全体の30%が「おいしいけど特に変化はなかった」などと言っています。


しかし、70%は「便秘、下痢、ニキビ(尋常性痤瘡)、吐き気」が改善されたなど、口コミが寄せられ、治療に利用している人もいらっしゃいます。



そもそも、ハーブティーの効果とは?


flower_kalmia_karumia.png


今でこそ、「女性、男性、妊婦(妊活)」に役立ちますが、古くからハーブの栄養成分を利用し、「体内の調整、外傷、火傷の治療」など、生活に使用されてきました。


また、「カモミールティー」は風邪予防として、「エキナセア」は口臭予防などに利用されており、現在でもその高い薬効は医学でも推奨されています。



ハーブティーでも栄養摂取できる



効果・効能専門



当然のように同じ自然の中で成長するハーブにも「ビタミン・ミネラル・鉄分、亜鉛」などの栄養成分が豊富に含まれ、「便秘、下痢、肌荒れ、冷え性」に効果的です。


ビタミンを豊富に含むハーブとして、「マテ茶、ネトル、マルベリー」などが挙げられますが、他にも種類豊富に存在します。




女性の美容に


job_doctor_woman.png


いつまでも若々しいキレイな女性にとって「ダイエット、美肌、美容」は永遠のテーマであり、日頃から心がけている人は多くいらっしゃます。



特に、ダイエットは継続が必要になりますが、その過酷さゆえに途中で挫けてしまったり、諦めてしまったりする人も多くいます。



しかし、ハーブティーには女性の美容をサポートする効果があり、過酷なダイエットと違って毎日愛飲するだけという簡単な習慣です。


また、「ニキビ(肌荒れ・吹き出物)」を緩和するのにも役立ち、ダイエット効果と美肌効果で一石二鳥とも言えます。



精神治療にも役立つハーブの芳香成分


効果,効能専門



私たちは日々のストレス症状に苦患されますが、ハーブの精油(芳香)成分は精神(メンタル)にも有効です。


例えば、カモミールやラズベリーリーフの効能は「自律神経、イライラ抑制(鎮静)、ストレス症、睡眠障害」に有効と医学的に実証されています。



現代社会で生きる私たちにとって、ストレスと無縁に生活するのは不可能ですが、ストレス解消をサポートすることはできます。


そして、ハーブティーはそのストレス解消をサポートする効率的な方法です。



女性の体にも優しいハーブティー


yoga_meisou.png


ハーブティーはホルモンバランスを整え、女性の「更年期障害、生理不順(PMS)」にも効果的ということが報告され、健康だけでなく、メンタルケアも行います。


そして、PMS症状に起こりやすい「肌荒れ、便秘、吐き気、生理痛」などを緩和してくれます。



下記に「イライラ、ストレス症(自律神経)、睡眠障害」に役立つ種類のハーブティーの一部を一覧で紹介しています。



精神治療にも役立つハーブティ一例




・カモミール


a1180_014902.jpg

人気ハーブティーの一つで、「イライラ、ストレス(ストレッサー)」が原因とされる症状を抑制する鎮静効果・効能があります。


また、ホルモンバランス調整効果からニキビ・肌荒れ、更年期障害にも推奨されているハーブティーです。




・セントジョンズワート


セントジョンズワート.jpg

医療(病院、クリニック)でも利用され、実際に鬱(うつ)やストレス性の不眠症(睡眠障害)にお悩みの患者さんに専門的に処方されるハーブティーです。




・ジャスミン(茉莉茶)


m1905021839.jpg

覚醒作用があり「集中力、記憶力向上効果」があり、勉強、仕事中、運転中に推奨され、また、抗酸化作用が高く、老化防止(アンチエイジング効果)目的で愛飲する人もいます。




その他のハーブティ一例



・ペパーミント

「鎮静・殺菌」作用があり、「咳をしずめ、不眠症状」にも効果的です。


・ゴタコーラ

「興奮・覚醒作用」が寝起きや・勉強中に推奨されています。


・イチョウ

脳の神経を広げて、血管を丈夫にし、「忘れ物・認知症予防」になるとも言われます。


・レモングラス

消化促進が腹痛や下痢に効果的で、風邪予防や感染症予防に効果的です。


・ホーショウ

強心作用が心臓を強くし、「心臓のハーブティー」とも呼ばれます


・シベリアジンセグ

朝鮮人参の仲間で、「自律神経症、更年期障害、不眠症、低血圧、狭心症、高脂血症」に有効です。


・リコライズ

甘草、甘味が強く、解毒薬、消炎薬、緩和薬とされています。


・カレンデュラ

消炎作用、癒傷、通経作用などがあります。


・ローズペタル

気分の落ち込みや不安を解消。美肌効果も。


・オートストロー

神経強壮ハーブです。働き盛りの人や強いストレスを抱えた人にオススメで、病気の後の体力回復にも効果的です。


・レモンバーム

抑うつ病と緊張に優れた効果があり、不安や悩みによる胃腸の不調にもオススメです。


・ラベンダー

鎮静効果がリラックス出来て不眠症にも有効です。また、頭痛や生理痛をやわらげ、ストレス性の高血圧にも効き、腹痛も抑えます。


・ステビア

砂糖の200〜300倍の甘味があります。低カロリーで水やアルコールに溶けやすく、耐熱性があることから、糖尿病患者の食事等の甘味に用いられます。


・オレンジピール

消化を助けたり利尿作用があります。また、芳香成分にはストレス解消する効能があります。




まずは1カ月継続してみましょう


ハーブティー効果・効能専門


ハーブティーは継続が重要で「下痢、咳、便秘、睡眠障害、更年期(イライラ、自律神経)、肌荒れ」などを改善し、体の内側から美容と健康に有効な効用があります。



また、効能に即効性を感じない場合でも最低1、2ヶ月飲み続けることで必ず薬効が現れます。



そして、「イライラ(睡眠障害)、便秘、下痢と咳(喉のイガイガ)」複数の症状にお悩みの場合はハーブティーを組み合わせる(ブレンド)によって相乗効果が実感できるでしょう。



| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする
・スポンサードリンク