スゴイ!!ストレスや風邪に「ノカンゾウ茶」


ノカンゾウとは?

ノカンゾウ.jpg
ノカンゾウとはユリ科ワスレグサ属に属しているハーブで漢字で「野萱草」と書き、別名を「ワスレグサ(忘れ草)」とも言われています。




ノカンゾウは日本各地の野山に分布するハーブで、ノカンゾウの根はひも状で楕円状のふくらみがあり、葉は細長く弓状に曲がって垂れ下がります。




主に7〜8月頃の夏の暑い季節に、開花した花とつぼみを採取し、湯がいた後に乾燥させたものを生薬名で、「金針菜」と言われているそうです。






ノカンゾウの効能



「解熱作用(風邪症状緩和)」
ハーブティー 解熱
ノカンゾウのつぼみは解熱に役立つとされ、ハーブティー(ノカンゾウティー)として飲めば、風邪の初期症状を緩和、解消したりすることができます。



ちなみに、ノカンゾウのハーブティーとしての効能は、「どの部位」を使用するかによって異なるそうで、つぼみは解熱効果、 葉は不眠の緩和や鎮静作用、根は利尿作用が主な薬効なようです。




「むくみ解消」
ハーブティー デトックス
ノカンゾウの根には利尿作用があり、膀胱炎やむくみの改善に役立つほか、不眠症にも効果的と言われています。


夜などの就寝前にハーブティー(ノカンゾウティー)飲むことで不眠症を解消してくれるそうです。





「ストレス解消」
ハーブティー 鎮静
ノカンゾウの葉にはノカンゾウの根と同じ、不眠の緩和や鎮静作用があります。




これによって、緊張や不安、イライラからくる憂鬱やストレスを解消し、精神を安定させてくれると言われています。




また、花や若葉、若芽は食用としても人気があり、揚げ物や煮物などに調理され、食されています。




<作用まとめ>

解熱作用 / 鎮静作用 / 利尿作用 / 抗炎症 / 不眠症改善


<風味>

独特で癖がなかなか強く、とろみと甘味がある風味。




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「苦しい風邪や気になる喉のイガイガには!?カリンティーの効果(効能)」




・「仕事が辛くてストレスを抱える毎日には!?オリエンタルジンセングティーの効果(効能)」




・「手足や顔っが浮腫み(むくみ)やすい体質にお悩みには!?ベアベリーティーの効果(効能)」




この記事へのトラックバック