疲れ目や老化防止に役立つ「赤葡萄茶」

赤葡萄(アカブドウ)とは?


赤葡萄.jpg
赤葡萄(アカブドウ)は南西アジア、ヨーロッパを原産とするブドウ科のハーブで、和名では「赤ブドウ、ヨーロッパブドウ」と言われています。




ハーブティー(赤葡萄茶)は、ワインの原料としてお馴染みの赤ブドウの葉を利用して作られ、ヨーロッパのワイン農家の間では、古くから健康に良いことで知られています。




そして、赤ブドウの葉を煎じて、健康茶として利用されていたそうです。




赤葡萄(アカブドウ)の効能



「老化防止(アンチエイジング効果)」
job_doctor_woman.png
赤葡萄茶(アカブドウティー)はワインで有名ですが、有効成分「ポリフェノール」は、ワインよりもポリフェノールが多く含有します。




このポリフェノール(アントシアニン)には強い抗酸化作用があり、老化防止やアンチエイジング効果があります。




他にも、血管の保護、血流の改善に役立つことから、慢性的な肩こりや腰痛などにも有効です。





「眼精疲労(疲れ目)」
kaisya_man.png
有効成分「アントシアニン」は目の疲れ(眼精疲労)に効果的なことからパソコンやデスクワークなどの業務に携わる人にオススメされています。




さらに、アントシアニンには視力低下を防ぐ効果もあることで、日ごろから目を酷使している方にも、口コミで人気を集めています。





「生活習慣予防(コレステロール低下など)」
pose_peace_sign_woman.png
赤葡萄茶(赤ブドウハーブティー)は近年、コレストロール値の改善や、生活習慣病の予防に役立つことが報告されています。



その証拠に、ワインが盛んなフランスでは、肉・乳製品などの高脂肪な食品を多く摂取されており、「動脈硬化や心臓病」の患者が極めて少ないと言われています。





<作用まとめ>

抗酸化作用 / コレステロール低下作用 / 疲れ目改善 / 血行促進作用


<風味>

ほんのりとフルーティー風味に、かすかに渋みと優しい苦味のある。




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「偏った食生活でビタミン不足な方には!?オートティーの効果(効能)」




・「いつまでもプルプルなお肌で居たい方には!?サクラティーの効果(効能)」




・「シミやソバカスにお悩みの方には!?ベアベリーティーの効果(効能)」



| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする