スゴイ!!疲れ目(眼精疲労)に「目薬の木茶」


目薬の木とは?

目薬の木.jpg
目薬の木はカエデ科の落葉樹の葉で名前の通り、江戸時代から点眼薬や洗眼薬など、現代の目薬の代わりに「目薬の木」の樹皮を煎じて江戸の民に利用されてきました。





このことから、世界中で日本にだけ分布している「貴重な木」と言われ、樹皮や幹・葉などには多く含まれており薬効成分が、煎じ液には結膜炎などにも効果的です。





他にも、かすみ目や老眼、近視など、目の健康によく目の症状を緩和する効果があるとされており、その効能から目薬の木は「千里眼の木」「長者の木」とも呼ばれるようになりました。





目薬の木の効能



「疲れ目(眼精疲労)を改善」
biganki.png
目薬の木茶は古くから治療に利用され、江戸時代以前からも眼病の特効薬として評判で、日常的に「パソコン、テレビゲーム、読書」などが習慣になっている方にも人気です。




他にも有効成分であるロドデンドロール・タンニンの抗菌作用と収斂作用があることで、「ただれ目」、「はやり目」、「ものもらい」、「アレルギー性結膜炎」にの症状に効果的だという報告があります。




さらに、現代では白内障の進行が防止するという研究結果も報告されてきています。





「肝機能向上させ肝臓を助ける」
ハーブティー 肝臓
目薬の木の「葉」や「樹皮」に含まれる「ロドデンドロール」という成分の働きが肝機能を高めることで、体内の解毒作用が活発になり、あらゆる肝臓の病気の緩和、解消してくれます。





中でも「B型肝炎」に特に効くそうで、肝機能が回復します。





日本の調査結果の報告によるところ、日本人の「男性の30%は肝機能検査で何らかの異常」が発見されており、お酒を飲む機会が多い方はオススメされています。






「生活習慣病、動脈硬化予防」
ハーブティー 血行
有効成分「トリペノイドのベータ・アミリン」、「フラボノールのクエルセチン」には、その配糖体である「クエルチトリン」が体内の血管壁が硬直するのを防ぎ、血の巡りを潤滑にし動脈硬化を予防します。





動脈硬化は「脳梗塞」、「心筋梗塞」などの死に直結する可能性がある恐ろしい病気で、近年の問題となる病「生活習慣病」の発症率を非常にあげるので大変危険な症状です。






<作用まとめ>

眼精疲労 / 白内障予防、緩和 / 二日酔い防止、肝機能改善 / 血行促進 / 動脈硬化予防


<風味>

香ばしい香りと、清潔感のあるさわやかな渋み




関連情報:人気の目薬の木茶




[定期購入]メグスリノキ茶 定期便 3g×60包 [メグスリの木茶]


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。

東京都_50代:男性_会社員
・「アルコールをよく摂取するので、肝臓を労わりたい」

神奈川県_30代:女性_会社員
・「疲れ目に悩まされている」

大阪府_40代:男性_会社員
・「将来的な健康をサポートしてあげたいと思っていました。」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「しつこくて頑固な便秘症状には!?コリアンダーティーの効果(効能)」




・「アントシアニンが疲れ目や視力低下に!!バタフライピーティーの効果(効能)」




・「キリキリと痛む胃痛には!?アグリモニーティーの効果(効能)」




| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする