悩み(症状)別ハーブティー効果・効能一覧



ハーブティーには様々な種類があり、その種類によって栄養成分も違えば、期待できる効能も違います。
このページでは数種類あるハーブティーの効能を紹介します。


<肝機能向上ハーブティー>

「飲み会などのお酒(アルコール)を摂取する機会が多い人などに効果的な肝機能向上・二日酔い予防の肝臓サポートに役立つハーブティーについて紹介しています」




<ニキビ、肌荒れ改善ハーブティー>

「女性や思春期の悩みの原因でもあるニキビ、吹き出物、肌荒れなどの肌トラブルの改善に役立ち、美肌をサポートするハーブティーについて紹介しています」




<ホルモンバランス調整ハーブティー>

「生理中(PMS症状)の緩和に役立ち、特に女性の乱れがちなホルモンバランスの調整に役立つハーブティーについて紹介しています」




<眼精疲労、視力回復ハーブティー>

「目の痒み(かゆみ)、疲れ目、眼精疲労などの目の症状による病気やトラブル症状の改善などに効果的なハーブティーについて紹介しています」




<花粉症、アトピー改善ハーブティー>

「春先などに発症しがちな花粉症(目の痒み、鼻水、鼻づまり)や喘息などのアレルギー症状緩和に役立つハーブティーについて紹介しています」




<リラックス、精神安定ハーブティー>

「ヒステリック、不眠症、精神的不快感、イライラ、ストレス解消などの効能(薬効)を持つハーブティーについて紹介しています」




<ダイエットハーブティー>

「女性の永遠のテーマである肥満予防(メタボリックシンドローム予防)、体型維持、ダイエットなどに役立つハーブティーについて紹介しています」




<老化防止、アンチエイジング>

「いつまでも若々しいいたいと願う人に役立つアンチエイジング(老化防止、エイジングレス)に効果的なハーブティーについて紹介しています」



<便秘、宿便改善ハーブティー>

「便通を促進する作用や整腸作用によって、女性の多くのお悩みである便秘、宿便、ポッコリお腹などに役立つハーブティーについて紹介しています」



<美白(シミ、ソバカス)ハーブティー>

「メラニン色素の生成を抑制することで、夏の肌の露出や紫外線(直射日光)が強くなることが原因で発生するシミ、ソバカス、日焼け予防やクスミなどに役立つ美白ハーブティーについて紹介しています」



<口臭、体臭、腋臭改善ハーブティー>

「口臭、体臭、腋臭(ワキガ)、脇汗などのエチケットに関するお悩みに効果的なハーブティーについて紹介しています」



<風邪、インフルエンザ、感染症予防ハーブティー>

「免疫力低下による風邪、インフルエンザなどの感染症予防や免疫力の向上が期待できる効能を持つハーブティーについて紹介しています」



<疲労回復サポートハーブティー>

「仕事や家事などの忙しい生活の中で、気づかないうちに蓄積する筋肉疲労、肉体的疲労などに役立つハーブティーについて紹介しています」



<抜け毛、薄毛を予防する育毛促進ハーブティー>

「毛細血管を頑丈にし、頭皮の血行を促すことによって抜け毛、薄毛の予防などに役立つハーブティーについて紹介しています」




<生理痛、PMS症状緩和ハーブティー>

「女性特有のお悩みである生理痛、生理不順、PMS症状(便秘、肌荒れ、ニキビ、精神的イライラ)緩和に役立つハーブティーについて紹介しています」








野菜不足による近年の社会問題とは?

効能
近年、野菜不足による栄養失調や免疫力低下による感染症の発症など野菜を取らないことによる、様々なトラブルが問題になっています。


実は、ハーブには古い歴史があり、大昔からハーブの「効能」が民間療法で「薬草、魔除け、風水」として利用されてきたそうです。


たとえば「エキナセア」というは別名「インディアンハーブ」ともいわれており、先住民族が体調が悪くなったときにこのハーブティーを飲めば、たちまち病気が治ったなどの、効能が伝説が語り継がれています。



野菜とハーブティーとは?

apron_woman1-4laugh.png
確かに「野菜が好き」という方はあまりおらず、健康のため仕方なく野菜を食べている人は少なくありません。

しかし、近年ではハーブティーの薬効成分が注目されており、ハーブは第二の野菜ともいわれているほど栄養素が詰まっているそうです。


固体として口に含む野菜より、液体として喉通る方が、日常的に摂取しやすく継続できるというのが現在ハーブティーが注目されている理由のひとつです。




| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする