ハーブティーの効果・効能辞典

ハーブティー効果効能生活.jpg
薬草(メディカルハーブティー)は古くから「民間療法、けがの手当て、体調管理、魔除け」など様々な形で利用されています。



また、専門店(渋谷、池袋、大阪、上野、熊本、名古屋)や通販などで種類豊富なハーブティーパックが存在しますが1つとして同じ効果の薬草(メディカルハーブ)はありません。



このページでは当サイトで紹介しているハーブティーの効能・効果の一覧を取り上げています。




ハーブティー一覧



・マリーゴールド

マリーゴールドはキク科の粘膜保護作用があり、ニキビ・肌荒れ予防などの美容効果(効能)もあることから近年では化粧水などにも利用されています。



・エキナセア

エキナセアは古くから伝統的に受け継がれている免疫力向上することで、風邪、インフルエンザなどを予防効果(効能)をもつメディカルハーブ(薬草)で「インディアンハーブティー」



・ミルクシスル(マリアサザミ)

ミルクシスル(マリアサザミ)はアルコールの過剰摂取による「二日酔い・肝機能の低下」を改善することで、体の解毒に役立つ肝機能を向上させるメディカルハーブティー(薬草)



・バタフライピー

バタフライピーはタイでは非常にポピュラーなハーブティーとして親しまれており、近年では日本でも愛飲され始めている老化防止(アンチエイジング)効果(効能)が期待できるハーブティー



・柿の葉茶

柿の葉茶はビタミンC・ビタミン類などの栄養素を豊富に含有しており、妊婦(妊娠中)にも愛飲が推奨されているハーブティーで、(妊婦)妊娠中だけでなく便秘、利尿作用にも人気です。



・ローズヒップ

ローズヒップハーブティーはビタミンが豊富に含まれていることで「ビタミン爆弾」「美肌を作る飲む美容液」とも呼ばれ、ニキビ肌荒れを改善する効果(効能)があります。



・ルイボスティー

ルイボスティーは老化防止、アンチエイジングがあることから美容茶(ハーブティー)として親しまれており、近年では不眠症改善や生理痛緩和など様々な効果が確認されています。




・オリーブ

オリーブハーブティーはコラーゲン生成をサポートし、近年では体に優しく栄養成分も豊富に含有されていることが分かっています。



・ネトル

ネトル(イラクサ)は辛い花粉症予防に効果的なメディカルハーブティーで、日本では将来的な健康をサポートするための健康茶として親しまれています。



・マテ茶

マテ茶は暴飲暴食に効果的ダイエットメディカルハーブで、ビタミンだけでなく美容成分も含有しており、女性に注目を集めているハーブティーです。



・ラベンダー

優雅な香りがするラベンダーの美容ハーブティーで、その精油成分(芳香成分)にはストレス解消効果や不眠症改善効果があり、近年では精油(エッセンシャルオイル)がアロマテラピーに利用されます。



・レモングラス

血行促進促進効果があることによって、「むくみ解消や疲労回復」をサポーとしてくれるハーブティーで、殺菌作用があることから、風邪予防や喉の炎症緩和などにも利用されます。



・ローズマリー

ローズマリーティーは脳の毛細血管を丈夫にし、育毛効果(薄毛防止)、集中力アップに効果(効能)があるハーブティーで、他にも老化防止効果があることからアンチエイジングハーブティーとしても人気です。



・ジャスミン

ジャスミン茶(ハーブティー)はホルモンバランス調整する効果(効能)があることから、近年では美容効果も注目されています。



・フェンネル

フェンネルは古くから体脂肪の燃焼をサポートする効果(効能)があることからダイエットハーブティーとして親しまれてきました。



・ハイビスカス

ハイビスカスハーブティーはクエン酸が豊富に含まれており、筋肉疲労回復効果(効能)やストレスによる慢性的な疲労も回復します。



・レモンバーム

レモンバームは爽やかなレモンの香りがするシソ科のハーブティーで、殺菌作用が風邪の症状緩和に役立ちます。



・ヒース

ヒースハーブティーは美白成分「アルブチン」含有し、シミ、ソバカス、日焼けなどの予防に役立ち、近年では化粧水にも利用されます。



・マロウブルー

マロウブルーは魅惑のブルーハーブティーと言われ、透き通ったキレイな青色のハーブティーが楽しめ、また粘液質を含むことから粘膜を保護するハーブティーとしても知られ、喉の炎症や胃酸の過剰分泌による胃痛を改善します。



・ローズレッド

ローズレッドは女性ホルモンバランス調整、美肌に役立つ効果(効能)があるハーブティーで、せの精油成分にはイライラ緩和にも役立ち、口コミでも人気のハーブティーの一つです。



・どくだみ

ドクダミは古くから10の薬効を持つ健康で、その名のとおり10個の効果(効能)が期待でき、便秘解消などの健康サポートをはじめとし、ニキビ改善(吹き出物改善)などの美容サポートにも有効です。



・エルダーフラワー

エルダーフラワーは古くから免疫力向上、インフルエンザ予防効果(効能)があるハーブティーと言われています。



・セントジョンズワート

セントジョンズワートは医学界も認めた鎮静、リラックスハーブティーで、ヨーロッパでは実際に医療用としたメディカルハーブティーにも利用されます。



・はとむぎ茶

ハトムギ茶は「ヨクイニン」含有し、「イボとり」の名を持つ健康茶で、ビタミンやミネラルも豊富に含有します。



・ラズベリーリーフ

ラズベリーリーフが妊婦(妊娠中)やママに優しいメディカルハーブティーで、実際にクリニックでも推奨しているところがあります。



・コーンフラワー

コーンフラワーはキク科のハーブで、口内炎予防効果(効能)があるハーブティーです。



・オレンジフラワー

オレンジーフラワーは「ストレス、緊張鎮静」が期待できるハーブティーで、精油(アロマオイル・エッセンシャルオイル)にも利用されます。



・アーティチョーク

アーティチョークは消化促進作用があることからダイエットサポートハーブティーとしても役立ちます。



・アイブライト

アイブライトティーの花粉症や眼精疲労改善などの名前の通り目の症状に有効な効果(効能)があります。



・セージ

セージは殺菌作用が強いハーブティーで、「体臭予防、口臭予防」に有効な効果(効能)があり、またホルモンバランスを整えることから美容にも役立ちます。



・ステビア

ステビアは古くから薬草や漢方として利用されているメディカルハーブティーで、天然甘味料であることから糖尿病予防にも利用されています。



・熊笹茶

熊笹茶(クマザサハーブティー)は古くから「体臭、口臭予防」として知られ、日本では健康茶として親しまれています。



・タイム

タイムは最も殺菌作用の強いシソ科ハーブティーと言われており、風邪の初期症状や口臭・体臭の改善にも有効な効果(効能)をもちます。



・ジュニパーベリー

ジュニパーベリーティーはウッディーな香りが特徴的なハーブで、美容効果があることから美肌作りにも役立ちます。



・フィーバーフュー

フィーバーフューはキク科のハーブティーで、偏頭痛の解消に役立つ健康茶としても親しまれており、近年では育毛サポート(薄毛対策または抜け毛対策)としての効果があることが注目されています。



・リコリス

リコリスは天然甘味料(砂糖の50倍もの甘み)としてダイエットに利用されますが、ストレス解消や粘膜保護(胃痛緩和など)にも役立ちます。



・パッションフラワー

パッションフラワーは女性特有の生理中などに起こりやすい「イライラや気分のムラ」に有効で、体に優しいストレス解消ハーブティーとして認知されています。



・マジョラム

マジョラムはハーブティーとして飲用することで、筋肉疲労や慢性的な疲労を改善するお茶として利用されています。



・レモンバーベナ

レモンバーベナ(ベルベーヌ)は甘いレモンのような香りが特徴的なハーブティーで、鎮静作用(リラックス効果)や消化促進作用があります。



・リンデンフラワー

リンデンフラワーは動脈硬化などの社会問題となっている「生活習慣病予防」に役立つハーブティーで、フローラルで口当たり優しいことから、初心者にも人気のハーブティーです。



・シナモン

シナモンはスパイシーな甘い香りが特徴的なハーブティーで、毛細血管を丈夫にする効果から美白効果まで、美容に役立つ効能があります。



・マルベリー

マルベリーは「糖尿病改善、美容効果、ダイエットサポート効果(効能)」があるとして人気の健康茶です。



・菊芋茶

菊芋茶はミネラルを豊富に含有している健康茶で、特に男性を中心に飲用されています。



・生姜紅茶

生姜紅茶は古くから伝わるハーブティーで、芯から温まる効果があることから「冷え性の緩和、風邪予防」に役立ちます。



・杜仲茶

杜仲茶は古くから中国で伝わる歴史あるダイエットハーブティーで、近年日本でも愛飲され始めています。



・杉茶

杉茶は爽やかで、清潔感のあるスギの香りが楽しめるリラックスハーブティーで、また花粉症にも効果的と言われています。



・ヤーコン茶

ヤーコン茶はビタミンなどの栄養素を豊富に含み、また腸内の善玉菌をサポートすることから便秘解消効果が期待できる健康茶です。



・よもぎ茶

よもぎ茶はノンカフェインで、体に優しい健康茶として知られており、美容効果もあることから女性を中心に飲用されています。



・ナタマメ茶

ナタマメ茶は体内の「膿、毒素(老廃物)の排出促進するデトックス茶(ハーブティー)で、体の内側から美容を心掛けている人に人気です。



・目薬の木茶

目薬の木茶は「目のくすみ、目の痒み(かゆみ)」などの症状にも効果的に目の万能薬として知られています。



・ユーカリ

ユーカリはハーブティーとして飲用する場合、殺菌作用があることから「風の初期症状や喉の炎症」の改善に有効な効果(効能)があります。



・ダンデリオン

ダンデライオンはコーヒーのような風味と表現されることが多く、肝臓機能のサポートや美容効果が期待でき、また妊婦(妊娠中)も愛飲できるハーブティーでもあります。



・キャットニップ

キャットニップは「風邪予防、消化促進作用」に効果(効能)が期待できるメディカルハーブティーで、鎮静作用があることからリラックス効果も期待できます。



・ノカンゾウ

ノカンゾウはユリ科のハーブティーで、解熱作用があることから「熱を伴う風邪の症状」を緩和してくれるハーブティーです。



・バードックルート

バードックルートはデットックス効果(老廃物・毒素排出促進作用)があり、日本ではゴボウ茶(牛蒡茶)として親しまれています。



・バーベイン

バーベインは古くから「願いが叶うハーブ」として知られ、ハーブティーとして飲用する際は、鎮静・リラックス効果が期待できます。



・マーシュマロウ

マーシュマロウは「マロウ」の名前が付くハーブティーの中で、最も薬効が優れていると言われており、美肌効果が期待できます。



・レッドクローバー

レッドクリーバーは、ホルモンバランスを整える効能があることから、女性特有の「生理痛、生理不順」などの症状緩和に役立つメディカルハーブティーです。



・カキドオシ

カキドオシはハーブティーとして飲用する際に、肝臓を助ける効果(効能)があり、古くから健康茶として利用されています。



・ディル

ディルは「胃腸を助ける効果(効能)」・「デトックス効果(効能)、老廃物・毒素排出促進作用、むくみ解消効果(効能)」があり、美容にも役立つハーブティーです。



・ワイルドヤム

ワイルドヤムのハーブティーとしての効能には、利尿促進作用があり、「浮腫み(むくみ)解消」に効果的(効能)です。



・ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーには「ビタミン、ミネラル」などの、人間の必須栄養素が豊富に含有され、近年では美容茶としても親しまれています。



・シジュウム(グァバ)

シジュウム(グァバ)は「鼻水、目の痒み」の解消に効果的と言われ、近年では「花粉症予防ハーブティー」として飲用されています。



・レモンマートル

レモンマートルは爽やかなレモン香りが特徴的なハーブティーで、「風邪予防、喉の不調」にも効果的(効能)です。



・ワイルドヤム

ワイルドヤムは古くから「リマウチ、関節炎」などの症状の改善に役立つメディカルハーブです。



・ワイルドストロベリー

ワイルドストロベリーには「膀胱炎」などの泌尿器系のトラブル症状の緩和や予防に役立つメディカルハーブ
です。



・マレイン

マレインは「呼吸器系の症状」緩和役立ち、古くにメディカルハーブとして漢方にも利用されていました。



・カルダモン

カルダモンはショウガ科(生姜科)のハーブで、発汗を促進する効果(効能)があることからダイエットサポートティーとしても認知されています。



・レディースマントル

レディースマントルは女性特有の症状である「生理痛、生理不順、PMS症状」の緩和に役立つメディカルハーブティーです。



・レモンピール

レモンピールはレモン香が楽しめるハーブティーで、血行促進、風邪予防にも効果的です。



・ホップ

ホップはビールの原料として認知されていますが、「女性のホルモンバランスの調整、生活習慣病の予防」など美容と健康に役立ちます。



・サフラワー

サフラワーは血行促進作用があり、女性に多い「冷え症や末端冷え性」を改善してくれます。



・チコリ

チコリはチコリコーヒーとしても認知されており、「食欲不振」改善効果が期待できます。



・オレガノ

オレガノは風邪の初期症状緩和に役立つハーブティーで、また抗酸化作用があることから老化防止にも効果的(効能)です。



・コリアンダー

コリアンダーはセリ科のハーブで、消化促進作用があることから食後のハーブティーとして人気を集めています。



・ホーソン

ホーソンは「血液循環、強心作用」があり、心臓病に関する症状を優しく緩和する効能があります。



・ウィッチヘーゼル

ウィッチヘーゼルは「ニキビ、肌荒れ」などの肌トラブルの解消に役立つ、近年では市販で販売されている化粧水にも使用されています。



・フラックスシード

フラックスシードは「粘膜保護、アレルギー症状改善」に役立つハーブティーで、老若男女問わず引用されています。



・イチョウ

イチョウ茶(ギンコウティー)は生活習慣病予防、抗癌(ガン)作用があることから将来的な健康をサポートするメディカルハーブです。



・オート

オートはビタミンやミネラルを含有するハーブで、「高血圧、下痢、貧血、肥満予防、ダイエットサポート」に役立ち、現在ではハーブティーのプレゼントにも利用されています。



・グリーンティー

古くから緑茶の愛称で親しまれていおる健康茶で、「ビタミンCやカテキン」などの豊富な栄養素を含有する日本のを代表する健康茶です。



・イエロードック

イエロードッグは鉄分が豊富に含有されており、生理中の女性の「貧血予防」に効果的(効能)なハーブティーです。



・メドゥスイート

メドゥスイートはハーブティーとして利用されることが多く「消化不良、胃酸過多、関節炎解消」などに役立つメディカルハーブです。



・アグリモニー

アグリモニーは抗炎症作用があり、「口内炎予防・改善」などに有効なメディカルハーブティーとして人気です。



・アシュワガンダ

アシュワガンダは古くから漢方やアーユルヴェーダ療法などで、利用される「アンチエイジング・老化防止」効果が期待できるメディカルハーブティーです。



・アンゼリカルート

アンゼリカルートは更年期障害や胃痛緩和、便秘解消など、女性の身体をサポートする効果(効能)から体調不良を改善する効果があります。



・アニスシード

アニスシードは、古くから食事の後の口臭予防として利用されてきたハーブティーです。



・アルファルファ

アルファルファは、腸内に溜まった毒素の便通を促して、便秘や宿便を改善する効果(効能)があります。



・クリーバーズ

クリーバーズハーブティーはデトックス効果(効能)があり、体内の毒素の排出をサポートし、また肌トラブルにも有効です。



・リンドウ(竜胆)

竜胆(リンドウ)には健胃作用があり、「胃もたれや胃痛」を緩和する効果があります。



・アカブドウ(赤葡萄)

アカブドウハーブティー(赤葡萄茶)は、アントシアニンを豊富に含むことから、眼精疲労(疲れ目)の症状に効果的です。



・アニスヒソップ

アニスヒソップハーブティーは古くから咳止めとして利用され、現在では健胃作用があることから胃痛緩和にも使用されます。



・ウツボグサ

ウツボグサには、体内の毒素の排出を促す作用があり、「老廃物排出や便秘解消」に効果的(効能)です。



・ベアベリー(うわうるし)

ベアベリー(うわうるし)には利尿作用があり、体内の毒素の排出を促すことで「浮腫み(むくみ)」解消効果があります。



・オリエンタルジンセング(朝鮮人参)

オリエンタルジンセング(朝鮮人参)の有効線分にはストレス耐性を向上させる効果があります。



・カリン(花梨)

カリン(花梨)の有効成分には、風邪や喉(のど)のイガイガなどの症状を緩和する効果があります。



・キク(菊)

キク(菊)の有効成分には、解熱作用や消炎作用があり、風邪の症状を緩和してくれます。



・ギムネマ

ギムネマハーブティーは糖分の吸収を抑えることから、ダイエットや糖尿病の治療サポートに利用されます。



・サクラティー(サクラ茶)

サクラハーブティー(サクラ茶)はコラーゲンの生成をサポートすることで、老化肌を予防します。



・グリーンルイボスティー

グリーンルイボスティー老化防止効果(シワ、頬のタルミ改善)だけでなく、美肌サポートハーブティーとして人気を集めています。





ハーブティーと美容

counselor.png
豊富な種類が存在するメディカルハーブティーには、「ニキビ、肌荒れ、シミ、ソバカス、生理不順、生理痛、便秘解消、ダイエット効果(効能)、更年期障害」のなどの症状を緩和に役立ち、美容をサポートする美容成分が含まれているハーブも存在します。



例えば「ローズヒップ、ハイビスカス、マテ、ペパーミント、カモミール」などの薬草(メディカルハーブ)は美容に効果的(効能)なハーブは主にハーブティーとして利用されます。




ハーブティーと健康

doctor.png
薬草(メディカルハーブティー)には「風邪、インフルエンザ、二日酔い、貧血、高血圧」などの人々の暮らしをサポートし健康に役立つ成分も含まれている事から、その成分を抽出したハーブティーは美容と健康に役立つ貴重な一品だと考えられます。


例えば「マテ茶」はビタミンやミネラルが豊富に含まれており、自生環境が厳しく野菜の採取が困難な土地に住む民族の貴重な栄養資源として利用されている程です。



さらに「ネトルハーブティー」にはビタミンが豊富に含まれているだけでなく、昔から「アレルギー症状の緩和」に利用されていました。



そんな薬草(メディカルハーブ)の成分を手軽に摂取できる方法の一つとしてハーブティーが挙げられています。

| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする