花粉症や胃腸炎、風邪に役立つ「エキナセア茶」


エキナセアとは?

エキナセア.jpg
エキナセアはキク科のハーブで北米を原産とするの多年草のハーブで紫色の花をつけます。



古くから北米の先住民族の民間療法に用いられ「インディアンのハーブ」と呼ばれています。



そして、このエキナセア(ムラサキバレンギク)の名前は花の中心部がトゲトゲ形状から、ギリシャ語でウニを意味する「echinos」に由来します。




エキナセア(ムラサキバレンギク)の効能



「風邪、インフルエンザ予防効果」
エキナセアハーブティー

免疫力改善効果が「花粉症対策、風邪、インフルエンザ」に効果的なことからエキナセアティー(ムラサキバレンギク茶)としても注目されています。




実は、古くに北米のネイティブインディアンが風邪やインフルエンザなどの感染症予防に使用したハーブティーでもあります。




また、体調不良と無縁の人は「エキナセアティー(お茶)」愛飲物が多いという調査報告もあるほど、ウイルスや細菌に対する耐性をつけます。



近年ではハーブティーや健康茶にもエキナセアティー(ムラサキバレンギク茶)がブレンドされるほど人気ですが、薬効が強いため過剰摂取する場合に副作用が起こる可能性もゼロではありません。



少しでも、副作用(吐き気、頭痛)を感じる場合は、すぐに飲用を控えるようにし、また妊婦(妊娠中)や子供(子ども)は摂取自体を控えた方が良いでしょう。





「泌尿器系トラブル改善」
houmon_shinryou2.png
このエキナセアハーブティーには抗ウィルス作用(抗菌作用)には、下痢の症状だけでなく女性に多いとされる膀胱炎などの泌尿器系のトラブル緩和にも効果的です。



特に、根には免疫機能を高める成分を含み、最新の研究では「抗ウイルス性、抗菌性、免疫強化性」が実証され、中でも「エキナセア・パーピュリア」が最も薬効は優れています。





「ニキビ、肌荒れ改善」
エキナセアティー
エキナセアティー(ムラサキバレンギク茶)はニキビ(にきび)にも効果があるとされています。



にきびの原因に毛包内に常在する細菌のプロピオニバクテリウムアクネス(ニキビ菌)があり、この菌は酸素の少ない肌の状態で増殖する嫌気性菌です。



そして、プロピオニバクテリウムアクネスは皮脂を栄養源にしますが、エキナセアはニキビ菌(にきび菌)を殺菌します。





「免疫機能活性化」
meneki_good.png
「エキナコサイド、ストアイン酸」などのポリフェノールを含みます。



これが、「アラビノガラクタン、フコガラクトキシログルカン」の多糖類が好中球やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させます。





「老廃物・毒素排出促進作用」
medical_hanashiai.png
エキナセア茶には免疫力を高める効能があり、ウイルスや細菌の侵入を阻み、体内から毒素を排出を促進するこちによって感染症を撃退します。



また、体内に蓄積した毒素の排出をサポートすることによって、「体の内側から美容をサポート」することにもつながり、女性の永遠のテーマである「吹き出物、ニキビ」を予防する効果も期待できます。




さらに、エキナセアハーブティーを愛飲する飲用者の口コミ(クチコミ)レビューには「ニキビが減っていった。」や「どことなく、肌荒れが落ち着いてきた」などのコメントも寄せられています。





「歯痛に対する症状緩和」
job_doctor_woman.png
北米の先住民はこのハーブを蛇にかまれた傷や熱病、歯痛なども有効です。



また、エキナセアティー(ムラサキバレンギク茶)の有効成分にはアクネス(ニキビ菌)を殺菌除去し、炎症を起こしている「皮膚の治癒効果」が研究で報告されます。





「花粉症(アレルギー症状緩和)」
kafun_sukkiri_woman.png
抗アレルギー作用があることから、「花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎」などの症状緩和に効果的と言われています。



また、近年ではエキナセアは甜茶と同様に花粉症対策(アレルギー症状の緩和)に有効とされております。



中には甜茶よりもこのエキナセアティー(ムラサキバレンギク茶)のほうが飲みやすいという人もいます。




「感染症予防(ヘルペス、ポリオ、胃腸炎)」
pose_peace_sign_woman.png
エキナセア茶に含有される有効成分に関する研究で、「インフルエンザ、ヘルペス、ポリオ、胃腸炎」などの多くの感染症の原因(微生物)に対する、抗菌作用が解明されています



このことかた、インフルエンザをはじめとし、「口唇ヘルペス」などの皮膚感染症にも有効で、最近では「ハーブティーを「足湯」や「洗顔」に利用することで、症状緩和にもつながると報告されています。






「抗癌(ガン)作用」
medical_shinryou_housyasen_gishi.png
T細胞を活性化させる薬よりも、エキナセアティー(ムラサキバレンギク茶)の方が活性を高めることが研究で報告され、体内のインターフェロンの働きを助けます。



これにより、ナチュラルキラー細胞が腫瘍細胞やウイルスに感染した細胞を破壊するのを助けると考えられ「抗癌(ガン)作用」があると言われています。




<作用まとめ>

免疫強化効果 / 抗炎症 / 抗菌 / 殺菌 / 抗ウイルス / 発汗 / 抗アレルギー



<風味>

爽やかなハーブの香りと、やさしい塩気を感じる風味





関連情報:人気のエキナセアティー



エキナセア 50g単位 ハーブ量り売り【100gまでネコポス対応可能】


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。

東京都_10代:男性_学生
・「エキナセアティーを飲む前は、体調が崩れやすくなっているし、体の調子も悪いです。なので、エキナセアティーに出会ってからは風邪をひかなくなりました。」



東京都_20代:男性_会社員
・「仕事が忙しいせいか、体調も悪いしニキビ、吹き出物が増えてきているので、エキナセアを毎日飲むと吹き出物が減りますし、体調にも即効性があるのか?翌日には体調もよくなりますね。」



沖縄県_20代:女性_学生
・「花粉症がつらくて、最近では目薬を差すようになりました。でも、常飲しているので気が付いたら症状も良くなりましたね(^_-)-☆」



大阪府_20代:女性_主婦
・「風邪をひきやすいので、将来的に健康をサポートしたいかな♪その点ではエキナセアの効果を実感しますし、おかげで今年は体調を崩してません!!☆彡とっても嬉しいです(^^♪」





smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「癒されながら風邪予防したい方に!!ラベンダーティーの効果(効能)」




・「どのハーブティーもマズイと感じる方に!!レモングラスティーの効果(効能)」




・「こんなにも豊富にあるの!?風邪の症状改善に役立つハーブティー一覧」




| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする