レモンでピンクに!!バタフライピー(アンチャン茶)


バタフライピーとは?

バタフライピー.jpg
バタフライピーはタイ語で「アンチャン」、英名「バタフライピー」と称するマメ科の植物は、タイでは庭先や公園で見かけるポピュラーなハーブです。



花びらの部分は、昔からタイでご飯やお菓子を青く染める天然色素として活用されています。



そして、バタフライピーハーブティー(お茶)として飲用すると、いつまでも若く美しくいられています。



ハーブティーは「マロウブルーティー」の様な青い色の抽出液が楽しめ、バタフライピーはマローブルーと違い色が変色がなく、いつまでも青いままで色を楽しめます。




さらに、レモン果汁を数滴加えるとパープル(紫色)〜ピンク色のハーブティーに変化するなど、視覚的な楽しみもあります。




バタフライピーの有効成分「アントシアニン」効能一覧

doctor.png


・「老化防止(アンチエイジング効果)」

老化の原因でもある活性酸素(ヒドロキシルラジカル)を除去することから、「シワ、ほうれい線、肌のタルミ」などによる、老化肌にも効果的です。





・「眼精疲労」


特にバタフライピーハーブティーに多く含有されているアントシアニン物質は、疲れ目による視力低下を予防してくれます。




・「肥満予防(メタボリックシンドローム予防)」


肌の劣化や老化を予防することから、加齢とともに太りやすくなる体質を改善し、肥満予防(メタボリックシンドローム)を予防します。




・「皮膚弾力を保つ」

アントシアニンは肌の老化を保つことから、バタフライピーの原産国タイでは、洗顔やお風呂にも利用されています。





バタフライピーの効能




「アンチエイジング(老化防止)」
biyou_tsurutsuru.png
バタフライピーの花びらの青色には、アントシアニンという色素がたっぷりと含まれています。



この成分は「ブルーベリー」でもおなじみで、高い抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ老化防止効果(アンチエイジング効果)がタイで人気を集めています。



ちなみに、バタフライピーティーに含まれるアントシアニンは、ビタミンCやコエンザイムQ10と同じ、抗酸化物と呼ばれる物質で、老化の原因ともなる活性酸素を除去してくれます。





「眼精疲労(疲れ目)」
yakuzaishi_soudan.png
アントシアニンには眼精疲労を解消する効果があり、デスクワークなどのパソコンを使う仕事や車の運転などで疲れ目の方はバタフライピーハーブティー(アンチャン茶)にも人気です。



このことから、日ごろからデスクワークや事務作業が多い方にもオススメされているハーブティーでもあり、疲れ目にお悩みの人に口コミで人気を集めています。






「薄毛に(育毛促進)」
バタフライピー
バタフライピーは美しい黒髪を保つ力があります。



お湯で抽出液体でコンディショナー代わりに頭皮をすすげば、健康的な毛髪をキープし、白髪や抜け毛を防ぐことができます。



実際、このハーブの原産国であるタイには市販でバタフライピーの成分が配合されたシャンプーやコンディショナーなどが販売されている程、薄毛対策に効果があるハーブです。




「タイではシャンプーにも利用」
sengan_girl.png
バタフライピーの抽出エキスをトリートメントの替りに頭皮になじませれば、髪の毛を丈夫にし、薄毛を防止し髪の毛の育毛を促進してくれるという効果があります。




また、皮膚の細胞の老化も防止にも有効なハーブティーで、化粧水や育毛剤として使用するとよりいっそうバタフライピーを有効活用でき、薄毛でお悩みの方のハリと艶とコシのある髪をサポートします。




このことから、バタフライピーの抽出液をシャンプーなどにした製品は幾つか市販で販売されています。





「バタフライピー化粧水」
hiyakedome.png
バタフライピーの抽出液はなんと青色に変化する珍しいハーブで、原産国タイではポピュラーなハーブティーとして飲まれるのが一般的な利用方法です。



また、「眼精疲労、老化防止」などの効能が期待でき、色を楽しむだけでなく、美容効果も期待できる大変貴重なハーブです。



しかし、バタフライピーにはハーブティーにして飲むだけでなく他にも利用方法があります。



バタフライピーエキスを抽出し化粧水にして肌に使用するとキメが細かくなり、肌が生まれ変わるとの口コミもあり「ニキビ、肌荒れ、シワ、アトピー」などを予防するといった美容効果もあります。






「食用としてのバタフライピー」
herb_tea.png
「バタフライピー(蝶豆)」は食用としても利用でき、効能としてはコレステロールを減らし、血液の流れを良くする効果があると言われています。



バタフライピーはハーブティーにした時のようにつよい主張がある風味ではないので、ケーキやお菓子づくりなどに材料として混ぜたりすると綺麗な青色のスイーツなどができるそうです。




<作用まとめ>

抗菌作用 / 解熱作用 / 抗炎症作用 / 鎮痛作用 / 利尿効果 / 局部麻酔作用 / 抗糖尿病作用 / 殺虫作用 / 心筋



<風味>

ほんのりとマメのような香ばしい風味




関連情報:人気のバタフライピーティー



バタフライピー30g タイで有名なハーブバタフライピー 青いお茶 色が変わるお茶 自由研究にも


女医.png
こんな、お悩みに愛飲されています。


愛知県_20代:女性_主婦
・「いつまでも、若々しい肌でいたいので、バタフライピーのおかげなのか?シワが減ってきた!!」



神奈川県_30代:男性_会社員
・「デスクワークで疲れ目がひどいので、ハーブティーを常飲していますが、おかげで良くなってきました。」



神奈川県_40代:女性_主婦
・「健康で元気な体を維持したいので、バタフライピーのハーブティーの水色にも癒されています。」




smartphone_photo_syame_woman.png
同じ症状でお悩みの方はこんな記事も読んでいます



・「友達よりも若くいたい!老化予防(アンチエイジング)ハーブティー一覧」




・「モチモチ肌に若返る!?ローズレッドティーの効果(効能)」




・「こんなにもメリットが!!ジャスミンティーの効果(効能)」



| 記事 | このサイトの読者になる | 更新情報をチェックする